学校では教えてくれない海外研修

岩手県立産業技術短期大学校 (産技短) 情報技術科学生のための、海外研修情報

海外で使えるカード

今はたいていのカードが国際ブランドと提携しているので OK と思いますが、確認の方法を。

以下の2つは VISA と MASTER CARD という、国際カードの2大ブランドです。カードにこのマークのどちらかが付いていればどこのカードでもOKです。

visa VISA

master マスターカード


これは JCB、日本発の国際カードです。かなり使えますが、たまに使えない店がありますので、メインが JCB の人はサブに VISA か MASTER を持つと良いでしょう。
jcb JCB


次の2つは高級ブランドです。海外での通用度・信用度は申し分ないですが、年会費が高いので (通常カードで 5,000円から12,000円) 庶民向けではありません。セレブの方、いかがですか?
amex アメリカン・エクスプレス (アメックス)

diners ダイナースクラブ


一方、ローカルなカードですが、
日専連 (Nissenren)
UC
DC
といったカードは、念のため、上記の国際ブランドのマークが
あわせて付いていることを確認する必要があります。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://londonparis.dtiblog.com/tb.php/7-391fbd08

-

管理人の承認後に表示されます

« パスポートの申請場所に注意  | HOME |  ガイドブックを買おう »

PAGE TOP ▲

プロフィールとお知らせ

菅野

菅野

2007年度の海外研修の引率をしました。この情報はそのときの参加者向けに書いたものです。年度が替わっても参考になることも多いと思いますが、毎年変わる情報もあります。この情報をそのまま鵜呑みにすること無く、必ず裏付けを取ってください。皆さんが家からでも見られるよう、また学外の人にも参考になることが多いので、公開します。コメントを付ける学生さんは、内容が学外にも公開されることを考慮した内容にしてください。


Calender

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Search