学校では教えてくれない海外研修

岩手県立産業技術短期大学校 (産技短) 情報技術科学生のための、海外研修情報

行ってきました。今回のおすすめは (2)

その2はパリ編。

パリの街は不思議なもので、統一感のある建物が並んでいる中に、あえてそのバランスを壊すようなものを作るのだけど、時代の移ろいとともにそれがうまく街に取り込まれて優れたランドマークとなって行きます。

エッフェル塔はその筆頭ですが、これはもう既に溶け込んでる。浮いてるという点ではポンピドゥーセンターは最も先鋭的。今回は正面の写真しかありませんが、裏側は配管が系統別に赤・黄・緑などの原色で塗り分けられ、色使いも相当なもの。
ポンピドゥーセンター

あまりにもパリらしくないため、観光客の意見も分かれるようですね。でもこれは結構穴場でした。

ポンピドゥーセンターはシテ島のすぐ北あたり、パリの中心よりやや東にあります。建物は西に面して透明なチューブ状のエスカレータが取り付けられています。高さが周囲の建物より少し高いため、最上階に昇るとチューブから市中心部が一望できるのです。

正面やや左にはエッフェル塔が
ポンピドゥーエッフェル


やや右手にはオペラ・ガルニエ。手前にノートルダム寺院とよく似た建物が見えますが方向が違います。これは何でしょう。
ポンピドゥーオペラ


さらに右を見ればモンマルトルの丘も見えます。
ポンピドゥーモンマルトル


この奇妙な構造は、内部を1フロアブチ抜きで自由に使えるように、骨組み・配管・通路などを全て外側に配置した結果だそうですが、設計者は他にも様々なことを計算しているようですね。

コメント

サン・ウスターシュ教会です

地図で調べてみるとあの方角はレ・アール地区ですね。再開発により地下はショッピングセンターだそうです。でその周辺に建つ教会といえば、サン・ウスターシュ教会ですね。

そういう場所だったんですね〜

こんにちわ!このページ面白いですね(^^)
ポンピドゥセンターは前回パリに行った時に、ちょうど半日ほど日程が空いた時に
「行ってみる?」「どうするう?」「ここって面白いのかなあ?」と散々迷った上、見送った場所です
(変わりにセーヌ川クルージングにしました)
ガイドブックを見てもイマイチ「どういう場所なのか」解らないんですよねえ
四方を見渡す場所なのか...今度機会があったら行ってみま〜す

もちろんホントは...

こまきさんこんにちは。
ポンピドゥーセンターはもちろん単なる展望台ではないのですが、ガイドブックによってははしょってますか?
近代〜現代のアートのコレクションを展示する美術館を中心に、さまざまな芸術活動の場を提供しよう、という施設といったら良いのでしょうか。で、私は現代美術にコメントできるほど通じているわけではないのでちょっと違った視点から紹介してみました。
ところで、このエスカレータに乗るためには美術館 (展覧会) の入場料が必要です。なので、ちゃんと美術館も見ないと損ですよw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://londonparis.dtiblog.com/tb.php/56-741ce6e5

« 行ってきました。今回のおすすめは (1)  | HOME |  2007年はこんなことがありました (カードの選び方) »

PAGE TOP ▲

プロフィールとお知らせ

菅野

菅野

2007年度の海外研修の引率をしました。この情報はそのときの参加者向けに書いたものです。年度が替わっても参考になることも多いと思いますが、毎年変わる情報もあります。この情報をそのまま鵜呑みにすること無く、必ず裏付けを取ってください。皆さんが家からでも見られるよう、また学外の人にも参考になることが多いので、公開します。コメントを付ける学生さんは、内容が学外にも公開されることを考慮した内容にしてください。


Calender

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search