学校では教えてくれない海外研修

岩手県立産業技術短期大学校 (産技短) 情報技術科学生のための、海外研修情報

あいさつをしよう

現地のあいさつを覚えて行こう
おはよう、こんにちは、こんばんは、さようなら、ありがとう、くらいは覚えて行こう。

ホテルの廊下ですれ違った人に Bon jour
コーヒーをついでくれたウェイターに merci
夕食をとるためにレストランに入る時に Bon soir
夕方バスを降りる時、ドライバーに Au revoir

現地語で言うと大変ウケがいいです。

ホテルの廊下は道路と思え、と言われますが、
部屋の前の廊下は町内会。同じフロアであった人くらいには挨拶しよう。

その前に、
行き帰りの飛行機は JAL です。客室乗務員に飲み物をついでもらった時、
日本語で「ありがとう」と言おう。
岩手っ子は無言で受け取るから愛想悪いと思われがち。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://londonparis.dtiblog.com/tb.php/50-515ce635

-

管理人の承認後に表示されます

« フランス語のメニュー (野菜編)  | HOME |  S'il vous plait (Please) を忘れずに »

PAGE TOP ▲

プロフィールとお知らせ

菅野

菅野

2007年度の海外研修の引率をしました。この情報はそのときの参加者向けに書いたものです。年度が替わっても参考になることも多いと思いますが、毎年変わる情報もあります。この情報をそのまま鵜呑みにすること無く、必ず裏付けを取ってください。皆さんが家からでも見られるよう、また学外の人にも参考になることが多いので、公開します。コメントを付ける学生さんは、内容が学外にも公開されることを考慮した内容にしてください。


Calender

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Search