学校では教えてくれない海外研修

岩手県立産業技術短期大学校 (産技短) 情報技術科学生のための、海外研修情報

フランス語のメニュー (カテゴリ編 )

1. MENU = コース
 日本語でお品書きを「メニュー」と呼ぶが、フランス語で MENU といえば、定食(コース) を指す。

 MENU の下に書いてある文字は定食の内容を表すが、最近は前菜、魚または肉、デザート、それぞれに数品選択肢があって一つずつ選ぶ場合もある。そんときは何か聞かれるので選ばなければならない。このようなスタイルの MENU をプレフィクスと呼ぶので知っておくとかっこいい

2. La Carte = メニュー (お品書き)
 ア・ラ・カルトというのを聞いたことがあるだろう。日本では「単品を選択する」という意味で使われるが、Carte はもともとカルテ、カードと語源が同じで、つまり「お品書き」を指す。なので、後で例を紹介するが、メニューのてっぺんに La Carte と書いてあり、その中に MENU と書いてあったりもする。

さてお品書きの中味に移ろう。今日はカテゴリだけにしておく
ENTRÉES
= 前菜
POISSONS
= 魚
VIANDES
= 肉
FROMAGES
= チーズ
DESSERTS
= デザート

この単語は絶対覚えておくべき。これを知っていればチーズばっかり5皿頼んだりといった、取り返しのつかない間違いだけは避けられる。

さて実践。以下は日本人オーナーのパリのレストラン (高級) の、実際のメニューである。
http://www.hiramatsu.co.jp/fr/carte/index.html

La Carte
MENU
ENTRÈES
POISSONS
VIANDES
FROMAGES
DESSERTS
の表記を見つけられるだろうか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://londonparis.dtiblog.com/tb.php/32-8d275142

« フランス語の食材や調理法  | HOME |  自分で両替するなら郵便局 »

PAGE TOP ▲

プロフィールとお知らせ

菅野

菅野

2007年度の海外研修の引率をしました。この情報はそのときの参加者向けに書いたものです。年度が替わっても参考になることも多いと思いますが、毎年変わる情報もあります。この情報をそのまま鵜呑みにすること無く、必ず裏付けを取ってください。皆さんが家からでも見られるよう、また学外の人にも参考になることが多いので、公開します。コメントを付ける学生さんは、内容が学外にも公開されることを考慮した内容にしてください。


Calender

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Search