学校では教えてくれない海外研修

岩手県立産業技術短期大学校 (産技短) 情報技術科学生のための、海外研修情報

免税 (Tax free)

ブランド品の購入を検討している人は免税とか Tax free という言葉を聞いたことがあるでしょう。これは何のことか?

日本では「消費税」という税金が、販売価格に対し 5% つきますね。例えば10,000円の商品は税込み10,500円で売ってますよね。

ヨーロッパ諸国はこれに対応する「付加価値税 (VAT)」がチョー高いんです。イギリスは17.5%、フランスにいたっては19.6%です。

1,000ユーロのバッグは税込みで1,196ユーロになるわけ。

しかし、この税金は外国人旅行者 (非居住者) は払わなくていいもの。免税手続きをすればこの部分が戻ってくるので、旅先で美豚のバッグとか軽智恵のサイフとか喜んで買うわけです。

免税手続きは別に、「免税店」でなくてもオケーです。「免税の手続き用紙くれ」といえばもらえます。ただし最低金額があったり、食料品のようにそもそも非課税のものがあったりするので要確認。

詳しい手続きは現地でガイドさんが説明してくれますが、ここでもやはり「クレジットカードを持っていると有利」です。税金分が戻ってくるのは後日 (帰国後) なんですが、クレジットカードがある人はそれに返金処理で戻せるのですが、持ってないと「小切手」が郵送されてきて、銀行の窓口に持って行って、手数料を引かれて支払い、となります。手数料は銀行によるけど 2,500円くらいと、かなり高いですよ。

ハム (仏: Jambon)

ハム (Ham) フランス語では Jambon

日本で食べてるフツーのハム
肉は加熱する (煮える)

発色剤 (亜硝酸Naなど) 発色というより菌の繁殖を抑え保存期間を延ばすもの
たんぱく質加水分解物 少ない肉でたくさんのハムを作る
安いハムは、ハムの量≧肉の量、という場合もある。
リン酸Na 歯ざわりをプリプリっとした感じにする

国産の生ハム
多分ドイツあたりのハムがモデルと見られる


発色剤
加熱していない (生の肉)
透明感があってみずみずしい感じ

イタリアやスペインの上等な生ハム
肉と塩のみ (スペイン産は発色剤も入っているようだが)
作るのに1年から2年かかる。
水分が蒸発する分、ハムの量<肉の量

フランス語の表記なら
Jambon 〜 のように Jambon の後に銘柄や産地が入るので、Jambon とあれば何らかのハムが食えると分かる。
有名なものは
 parma イタリアのパルマ地方
 iberique スペインのイベリコという品種の豚 (イベリコ豚は最近、肉としても有名)
 bayonne フランスのバイヨンヌ産 (日本では見たことないけど高級品らしい)
など

フランス語のメニュー (肉編)

VIANDES = 肉料理


子羊 (ラム) = agneau
羊 (マトン) = mouton

豚 (cochon)
豚肉 = porc

牛 = boeuf, (子-)veau, (雌-)vache

鶏 = volaille, (雄-)coq, (若-)poulet, (雌-)poule
七面鳥 = dindon


gibier (ジビエ = 猟で得られる肉)
鴨 = canard
鹿 = (雄-)cerf, (雌-)biche, (子-)faon
鳩 = pigeon
兎 = lapin, (野-)lièvre

肉料理は、魚料理に比べて使う動物の種類が少なく覚えやすいかも。

缶切り・栓抜き・ナイフ

スーパーマーケットで買って来た物をホテルの部屋でいただくのも悪くない。現地のフツーの人々が毎日食べてる物が手に入ります。レストランの夕食が多過ぎるときにもいいです。

さて、購入した物を食べるときに「あっしまった」と、ならないための道具を紹介しておきましょう。

想像してみましょう。
・缶詰を開ける
ワインのコルク栓をいて乾杯 旅行中は禁酒です。
・瓶入りのジュースの王冠をあける
・チーズをみんなに切り分ける
このへんができれば OK と思いますが皆さんはどうですか?

私はこれ↓を持ち歩いています。

victorinox はこの手の商品の有名ブランドで、これは「スタンダード・スパルタン」というモデル。フツーは2500円くらいで、2000円くらいで売ってる店もあるようです。

お店で買うなら「コルク抜きと栓抜きと缶切りついたヤツで一番安いの」といえば出してくれると思います。盛岡ならmossビルの石井スポーツあたりにあります。

一人に一本は必要ないでしょうが、一緒に部屋に集まりそうな人がひとり持ってるといいですね。

なお、機内に持ち込めないのでスーツケースに入れることをお忘れなく。

自分で両替するなら郵便局

2年生からの情報です。

今年の外貨両替は旅行会社からもアナウンスされますが、経験値を上げるため自分でやってみたいとか、今後ユーロやポンドが高くなりそうだから今のうちに両替したい、と考える人もいることでしょう。

銀行が一般的なのですが、窓口は午後3時に閉まるため授業を休まないとムリ。残るチャンスは10月12日の学園祭代休日のみとなります。

ところが、盛岡中央郵便局 では外貨両替をする「貯金窓口」が午後6時まで営業中。ただし、お金も商品、みんなが殺到すると「売り切れ」もあります。事前に電話で確認してから行くのが大人のマナーでしょう。

盛岡中央郵便局の地図は こちら
電話は019-624-5355
です。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

プロフィールとお知らせ

菅野

菅野

2007年度の海外研修の引率をしました。この情報はそのときの参加者向けに書いたものです。年度が替わっても参考になることも多いと思いますが、毎年変わる情報もあります。この情報をそのまま鵜呑みにすること無く、必ず裏付けを取ってください。皆さんが家からでも見られるよう、また学外の人にも参考になることが多いので、公開します。コメントを付ける学生さんは、内容が学外にも公開されることを考慮した内容にしてください。


Calender

« | 2007-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Search