学校では教えてくれない海外研修

岩手県立産業技術短期大学校 (産技短) 情報技術科学生のための、海外研修情報

免税 (Tax free)

ブランド品の購入を検討している人は免税とか Tax free という言葉を聞いたことがあるでしょう。これは何のことか?

日本では「消費税」という税金が、販売価格に対し 5% つきますね。例えば10,000円の商品は税込み10,500円で売ってますよね。

ヨーロッパ諸国はこれに対応する「付加価値税 (VAT)」がチョー高いんです。イギリスは17.5%、フランスにいたっては19.6%です。

1,000ユーロのバッグは税込みで1,196ユーロになるわけ。

しかし、この税金は外国人旅行者 (非居住者) は払わなくていいもの。免税手続きをすればこの部分が戻ってくるので、旅先で美豚のバッグとか軽智恵のサイフとか喜んで買うわけです。

免税手続きは別に、「免税店」でなくてもオケーです。「免税の手続き用紙くれ」といえばもらえます。ただし最低金額があったり、食料品のようにそもそも非課税のものがあったりするので要確認。

詳しい手続きは現地でガイドさんが説明してくれますが、ここでもやはり「クレジットカードを持っていると有利」です。税金分が戻ってくるのは後日 (帰国後) なんですが、クレジットカードがある人はそれに返金処理で戻せるのですが、持ってないと「小切手」が郵送されてきて、銀行の窓口に持って行って、手数料を引かれて支払い、となります。手数料は銀行によるけど 2,500円くらいと、かなり高いですよ。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

プロフィールとお知らせ

菅野

菅野

2007年度の海外研修の引率をしました。この情報はそのときの参加者向けに書いたものです。年度が替わっても参考になることも多いと思いますが、毎年変わる情報もあります。この情報をそのまま鵜呑みにすること無く、必ず裏付けを取ってください。皆さんが家からでも見られるよう、また学外の人にも参考になることが多いので、公開します。コメントを付ける学生さんは、内容が学外にも公開されることを考慮した内容にしてください。


Calender

« | 2017-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Search