学校では教えてくれない海外研修

岩手県立産業技術短期大学校 (産技短) 情報技術科学生のための、海外研修情報

行ってきました。今回のおすすめは (2)

その2はパリ編。

パリの街は不思議なもので、統一感のある建物が並んでいる中に、あえてそのバランスを壊すようなものを作るのだけど、時代の移ろいとともにそれがうまく街に取り込まれて優れたランドマークとなって行きます。

エッフェル塔はその筆頭ですが、これはもう既に溶け込んでる。浮いてるという点ではポンピドゥーセンターは最も先鋭的。今回は正面の写真しかありませんが、裏側は配管が系統別に赤・黄・緑などの原色で塗り分けられ、色使いも相当なもの。
ポンピドゥーセンター

あまりにもパリらしくないため、観光客の意見も分かれるようですね。でもこれは結構穴場でした。

ポンピドゥーセンターはシテ島のすぐ北あたり、パリの中心よりやや東にあります。建物は西に面して透明なチューブ状のエスカレータが取り付けられています。高さが周囲の建物より少し高いため、最上階に昇るとチューブから市中心部が一望できるのです。

正面やや左にはエッフェル塔が
ポンピドゥーエッフェル


やや右手にはオペラ・ガルニエ。手前にノートルダム寺院とよく似た建物が見えますが方向が違います。これは何でしょう。
ポンピドゥーオペラ


さらに右を見ればモンマルトルの丘も見えます。
ポンピドゥーモンマルトル


この奇妙な構造は、内部を1フロアブチ抜きで自由に使えるように、骨組み・配管・通路などを全て外側に配置した結果だそうですが、設計者は他にも様々なことを計算しているようですね。

行ってきました。今回のおすすめは (1)

無事帰ってきました。
情報技術科の学生の皆さんは事故もなく行動できて何よりでしたね。

今回の自主研修で菅野が歩いた中からおすすめスポットを、ロンドンとパリから厳選して1カ所ずつ紹介しましょう。

まずはロンドンから。画像はセントポール大聖堂です。
セントポール寺院


ポイントは普通に見学するのではない、というところです。
ガイドブックを見ると、入場料○○ポンド、入場は16:00まで、とか書いてありますね。でもこれは観光客用の公開の話。

セントポール寺院の Web サイトを見てみましょう。URLは
http://www.stpauls.co.uk
です。サイトでは日々のイベント情報が見られます。コンサートがあれば最高ですが、そうでなくても、ほぼ毎日夕方から Evensong というのがありますね。開始時刻の少し前に行くと門はちゃんと開いていて中に入れます。

信者の人は賛美歌の本を受け取り奥の方 (祭壇というのでしょうか) へ行きます。我々は手前の方に並べられた椅子に座って待ちます。

時間になれば、パイプオルガンの伴奏で賛美歌を聴くことが出来るのです。大きな聖堂に響くオルガンとコーラス。それはまさに天から降ってくるよう。昼間と違って中を自由に見ることは出来ませんが、これが無料というのはすばらしい。

これはセントポールだけでなく、ウェストミンスター寺院など他の教会・寺院も同様です。自主研修の締めくくりとして最高の体験となることでしょう。

パリのセントポール寺院なども同様ですが、Web サイトがフランス語のみだったりするので、ロンドンの方が見やすいでしょう。

時差

ロンドンは日本時間 - 9時間
パリは日本時間 - 8時間

旅行の日程表は全て現地の時刻で表記されます。

ロンドン→パリのユーロスターは注意してね。
到着地のほうが1時間進んでいるから、
実際の乗車時間は1時間長いよ。

美術館・博物館は時間多目に

大英博物館や、ルーブル美術館はとにかく広くてデカい。

自主研修でこれらの場所に行く人は、少なくとも午後はすべてその中にいる、と考えたほうが良い。できれば1日ね。

で、単に「ルーブル美術館に行く」とかではなく、「ルーブル美術館で『モナリザ』と『ミロのビーナス』と『テオドール・ジェリコーのメデューズ号の筏』をみる」くらいまで決めて、それらの展示室の位置まで調べておくと良い。そのようなガイドブックが売られているようなので書店へGo。

ルーブル美術館の常設展のスペースは 6万平方メートルとのこと。イオン盛岡ショッピンクセンターの売り場面積の2倍程度だけど、建物の大きさの感じとしては、イオンを3つ、コの字型に並べたのを思い浮かべてみると良いかもしれない。

ロンドン地下鉄路線図

ロンドン地下鉄路線図です。

ロンドン交通局
http://www.tfl.gov.uk/home.aspx


右上の方にある「Maps」アイコンをクリックすると路線図ページ
http://www.tfl.gov.uk/gettingaround/1106.aspx

に飛びます。

まず
Standard Tube map (PDF) をダウンロードし、印刷しましょう。

ロンドンはバスも便利。あのかわいらしい二階建ての赤いバスは1度は乗るべきかも。バス路線図は
Central London tourist attractions and bus map
がいいようです。

Bus route maps
はスンゲー細かくて地元民用みたい。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

プロフィールとお知らせ

菅野

菅野

2007年度の海外研修の引率をしました。この情報はそのときの参加者向けに書いたものです。年度が替わっても参考になることも多いと思いますが、毎年変わる情報もあります。この情報をそのまま鵜呑みにすること無く、必ず裏付けを取ってください。皆さんが家からでも見られるよう、また学外の人にも参考になることが多いので、公開します。コメントを付ける学生さんは、内容が学外にも公開されることを考慮した内容にしてください。


Calender

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search